FC2ブログ

Signal 599 ‐ Antenna Warehouse blog

アマチュア無線用アンテナ情報のページ です。※商用サイトでの本サイト内の情報利用は禁止します。事前にメールください。

夜中の移動とお手軽アンテナ

IMG_1340.jpg
こんな感じで、コンディションはローバンド、7MHzも見事にスキップ。22時を回っていましたが、短縮バーチカルにして妥当な1600-2000キロ前後の電離層を1ホップz(反射)で沖縄、宮古島市固定局とQSO。2ホップのNH0DXも楽に交信、その後YB,HLなど2ホップ圏内が安定して入っておりました。またERPの強い局など7エリア800km圏前後が聞こえていた程度すが、スキップが創錯綜する時間帯でもあり、黒点が上がれば変化に富むことでしょう。さて、実はこのシステムでの実験はこれがメインではなく、沿岸部、平地部、そして山頂の断崖部で、どう垂直部のローブが実体験上、どのように変化するかを確認する絶好の機会でもありました。結果は、沿岸は一番。そして今回の最大の収穫は、この山頂断崖部VS平地丘陵部(見通し良し)では全く飛び込む方向も異なることが確認できたこと点です。同じ時間帯。若干設定条件は異なりますが、差し引いても以上の確信がもてたことです。最後までお付き合いいただいたローカル局に感謝。
スポンサーサイト

テーマ:アマチュア無線 アンテナ - ジャンル:趣味・実用

移動運用とアンテナ(自然、宿、レンタルシャック) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Directive Systems 社の K1FO に注目 | HOME | 夜中の移動>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |