FC2ブログ

Signal 599 ‐ Antenna Warehouse blog

アマチュア無線用アンテナ情報のページ です。※商用サイトでの本サイト内の情報利用は禁止します。事前にメールください。

アンテナ 

ATE350

趣味のアンテナ。子供のころから転勤族家庭に育ち、ラジオ、BCL, SWL,キット製作、
ソリッドステートリグ全盛期、運用技術を磨いたり、移動、モービル運用に夢中に。テーマは、いかに受け、飛ぶアンテナを作るか。参考になる文献、実践など、相互の情報交換の場になれば幸いと考えております。
できれば、アンテナ一色のページにと考えております。

スポンサーサイト

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

自分のアンテナ 日記  My Dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |

島の自然とATE350+ATU(MTU)

沖縄本島、また石垣など八重山諸島、最近は、国内外の海や山河から、GW、夏場を中心にたくさんの方の移動運用が盛んになります。私の場合、宮古島に立ち寄ることが多いため、今では心の故郷と思っております。
さて、今まで大自然を前に、これでもかと、重たい荷物を宿に送り、釣竿やアルミパイプを一杯にし、最近まで、嵐や雨風、強烈な紫外線など自然に耐える素材など考え、取り寄せていましたが、最近発売された肉厚のある無線用の一部の無線用釣竿を除き、ほとんど島の突風、雨の圧など自然に絶られずにへし折れてしまったり、経年変化で開口部や塗装部が剥がれ、補修部品も高額な場合が少なくない。。最近では経験上信頼のおけるW社、米国製2本、S社製に限定して持ちこみ、できるだけ軽く、太い竿を釣竿ケースに入れて運びます。
それでも、周囲の気候の影響を直接受ける島では、竿は夜中、朝、夕と90度曲り、ロープのテンションや方向など、まるでクルーのように、夜中も寝れないことがあります。移動により保険に入っていますが、こと一旦竿やパイプが破損落下すると、大変です。二度と運用できなくなるかも知れません。風や雨、雷注意報がでた際は、安全を考え、日により高さや撤収固定するなど調整します。また、海外製となると痛手も大きく、やはり、風の強い時は鉛直方法へは実質5-6m程度までにし、ローバンドは張れれば逆Lで十分です。ハイバンドはVダイポールや短縮トラップのアンテナで事足りるようにします。
※ 重いので高さに限度を感じ、止めていたアルミパイプ製のバーチカルが良く送受とも良かったことを思い出し、腹となる部分からしっかり波がでている方が経験上良いので、少しでもアルミの太さが使えないかイメージしていましたところ、一昨年ハムフェアで第一電波さんが、これから開発のアンテナの共通部品でこの製品を知り、伸縮アルミパイプATE-350とアンテナチューナーを何度も試しました。
IMG_0326s.jpg

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

ATE350-本体

ATE350 Element 6  recontractalle aluminum rods

ATE-350の1段目から6段目。下2段は肉厚が2mmあり、40mm径の下に雨水抜け穴と、ビニル系絶縁体が接着、ANT端子はそこから銅線で30cmほどでていて丸型裸端子付き。また、中2段は、肉厚が1.5mm、上2段は肉厚は1mm。6063材の上位素材の明らかに高級でしっかりしている

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

ハムフェアの開発参考出品と同様の材料がATE350

ATEは将来のHFアンテナの共通素材

これは2007HamFair DIAMONDブースでのバーチカルアンテナの参考出品。左側は40/80m用バーチカルとか。これらの幾つかの共通部品として誕生したのが、ATE350、つまりエレメント部分。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

ATE350の組み立て方、使い方 

ATE本体
これはVUHF帯の同社製GPにで有名なATEの絶縁体被覆のパイプを直径70mm程度のパイプに固定うする「V型金具」と呼ばれているもの。これで固定するが、サガ電子などの大きめ50mm以上のボルトを使うと90mm程度の絶縁体上部の締め付けも簡単。別の方法としてはホースバンドもある。6段全て伸展したほうが立てやすい場合もある。ALパイプの伸ばし方は全て同じで、1段目を上にひっぱり切ると、不思議に右時計方向に右に45度ほど回転して止まる点がある。そこから更に数cm(段数による)伸びる。伸ばしきると止まり、今度は時計と反対方向に回すと下にストンとおちて止まる。これでロックされる。収めるときは、逆で短時間で撤収できる。格段上端にはステンレス製の輪で補強され、パイプとパイプの重なる部分も十分に確保しているのだろう。下2段用のロックピンも付属しているが、使うことはなかった。

固定で使うためには、パイプの重なる部分毎に穴があり、タッピングネジでしっかり締めることができる。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

ATUとは

FC40
バーテックス製トランシーバーをお持ちなら、FC‐40は国産での屋外型(防水)1.8MHz帯から54MHz帯までと自動チューニングが12Vの電源コードと同軸フィーダー付きで、これに銅線などのワイヤやATE350など、次ページのようにバーチカルで使用するためには、10m程度のACコード2-3本でたいていはVSWRも1.5以下となり、良く局が聞こえ、飛び、便利なアイテムといえるでしょう。144MHz以上を除く、ほぼオールマイティな調整ができるFT857,FT897用のオートマチックチューナー(ATU)である。もちろん、ICOMマシンのオーナーであればICOM製トランシーバーをお持ちの場合は、AH‐4など歴史も長く、ATUが1台あればお手軽運用可能でしょう。多くのDXぺディション、旅行先から電波が届いています。地球の裏から100W で届くなどと聞けば、侮れないグッズでしょう。3/18,20一部訂正AH-4.jpg

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

世界の アンテナ周辺機器 、部品情報  Antenna assemblies, parts, kits information | コメント:0 | トラックバック:0 |

ATE35+ATU (FC-40)

ATE+ATU
ここまで3-5min分。アンテナからでたコードは金属に触れないよう、ATU(オートチューナー)のHot側に丸型裸端子でネジで止めるだけ。あとはラジアルを張る。たとえば、銅線10m程度のACコードなどATUのコールド側にアース(グラウンド)が取れるように、地面、屋上、屋根、などにできるだけ伸ばしてVSWRが1.5程度になるような長さとする。(事前に調整できればよい)。※上は宮古島市内(Miyako island)、下は新JIIA沼島(Nu-shima island)ATE+ATU Nushima


テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

春の嵐 備えあれば憂いなし・・・

WXMiyako_20070221180000.gif
Image-MIYAKORainstrom20070222070000-2187.gif

0324wx2.jpg
1-3月の南の島の春の嵐は、地元漁師さんに伺うと、暫く嵐になるな。北風が吹くぞ。といわれれば、先ず当たらないことはない。北の利尻の漁業組合でも荒天を空を見上げた漁師さんに伺って知ったことを思い出す。1-2月の嵐は気象学でも、例えば数年前、KH2グアムで起きた台風が続々発生、多くのホテルが大被害を受け廃業に追い込まれた。その際は秒速100mを超えた。これが北回帰線をこえて、宮古島近海で方向を変え、この時期は台湾から中国に向かうが、最近は、太平洋を東へ移動する現象が見られる。また、DUフィリピン方向からの湿った空気が、古くは台湾坊主と呼んでいた台風なみの低気圧となって、この原因の一方は日本本土では真冬であり、冷たいシベリア高気圧からの大寒波を受けているが、その端が伸びてきて、17度を切る現地では非常に寒く、高齢者は風邪などで命を落とされることもあると聞く。私自身も、移動できたJI3DST局もこの北風のダイレクトな寒さで寝込むほどである。こうした前線、低気圧は、北風を呼び、有線のウェザーニュースを毎日毎晩確認する。このときの嵐が、上から雨が圧を持ち、風向きが変わり、風速も20mを越す寒い大雨、嵐が釣竿が伸ばせない状況になる。雷もときにある。そうした余り安定しない気候でもある。3月を過ぎると、すっきり20度を超えて春らしくなる。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

嵐前
前線の前兆の南風が吹き出した。その後、大雨、風向きは変わり、釣竿は90度何度も撓んだ。押しつぶすような雨の圧を感じることもある。竿が収納できず撤収できない場合はロープを調整するが、毀損する場合がある。過去には寝られずに臨むこともあった。
嵐後
2‐3日吹き荒れることもあるが、こうして一段落すれば17度以上になってくる。無理しないほうが無難でしょう。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

ATEをお手軽に モービル移動でMAT-50と

写真6
タイトル写真2
移動車や、レンタカーを借りる場合、MAT-50+ATU+ATE350が至極重宝することもある。タイヤにポール踏みたて台を敷き、洗濯ポールを伸ばして、その上にATE350を固定します。ちょうどATUのコールド側が屋根あたりに来るようにポールに固定すれば、車の横でも天井でもMAT-50を、ATUのコールド(ラジアル)側から貼ってやれば、そしてホット側はATE350からの銅線を止めれば、即QRVでき、ATEを画像のように先にそびえさせれば、良く飛びました。アウトドアで良いでしょう。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

世界の アンテナ周辺機器 、部品情報  Antenna assemblies, parts, kits information | コメント:0 | トラックバック:0 |

ATE350+ATU(MTU)で、1.8MHzでEUと交信

写真5
このATE350の先に、38mほど水平に軽い銅線を巻いてホースバンド(テープでも可)で引っ張り、コールド側は21mの銅線1本で十分にチューンが取れた。この翌朝、ベアフット(50WCW)でも待望のEUヨーロッパと交信できた。単純な逆L型のアンテナであるが、高さに妥協が必要なときは、このような使い方もできると知った。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

V型DPを作る ATE350x2本 +ATU

写真8
そこでATE350を2本用意し面積を取らずにラジアル不要で、少ない面積で作れるダイポールDPとして90度V型DPをを作ってみました。それにはまな板とATE350を2本固定する直径45-50mm用のUボルトを各2本合計4本。垂直に立てるためのマストをまな板に固定するUボルト(直径はマストの外径に合わせて買いましょう)。まな板には、合計10箇所の穴あけをすれば準備完了です!後は組み立てるだけです。先ず写真のように広い敷地があれば、地面で組み立ててしまい、最後にマストに通してUボルトでまな板部分を固定し、次にATUをマストにUボルトやロープなどで取りつけて、ホット側とコールド側にATE350の導線をネジ止めしてまな板、ATUと順に下になるように、マストに固定します。<少し重くなりますが、マストの根元を固定し、適当な長さまで伸ばします。日常、2.,4mまで上げて使いました。長ければ、片側4m程度でも7MHz以上はATUで自動的にアンテナとのチューニング(調整、マッチング)が取れますので、風が強い時などは、無理して伸ばさず3.5MHzでは伸ばしてやると良いでしょう。使用するマストも、通常、伸縮l固定できる、物干し竿で十分です。マストの根元の固定は、宿の柱や、今回はフェンス、そしてガードレールなどとにかく「突起物」を探して、ロープ、Uボルト、番線で固定して、エレメントの先にもロープを張り風で倒れて被害がでないよう支持します。
写真7
少し風が強い日でしたが、片側6.5mで3.5MHzも、10MHz、14、18MHz帯も良く聞こえています。ちなみにバーチカルでも国内は楽に10WCWで飛びましたが、、このときは上方に電波が飛ぶためでしょうか、VDPのほうが耳は明らかに良かったです。(下の写真)1本でお手軽運用、2本でより本格運用が楽しめるでしょう。(注:水平方向などの使用はメーカーの注意書外です)

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

Super Antennas社 YP-3 リリース

YP-3_Assy.jpg

 カリフォルニアのSuperAntennas社がYPシリーズ(Yagi Portablity)の2エレから発展させた3エレ20-6mのYP-3を発売した。肝心なFB比やゲイン、バンド毎の情報は問い合わせ中のため後日記載します。小売価格は495USドルですが、海外の方は問い合わせるよう書かれています。*この会社のJAの代理店はエレクトロデザイン社です。1.5m 長ほどの携帯バッグ付きで小型のコイルをねじ込み、外すタイプで一人でもクイックQSYできる。バックより短いので、JAの航空機受託荷物の条件にも 1.3mほどとると良いかも知れません。良くみるとエレメントブラケット取り付け済み、ブームは恐らく二箇所収縮させる点ではYP-2と変わりません。コイルはエナメル線でバンドより数は少ないのか、組み合わせを考えてのことかもしれない。耐圧は不詳200Wkらいまで?3エレですので、マストの上下が可能であれば、便利なアンテナと言えるでしょう。海外移動にはHEX,Spiderなどある中で新たな選択肢が増えました。メジャーがついているようです。MP1、PW1、MP2、YP2の愛用者としてはこうしたアマチュアが考案したアンテナの発表は、楽しみですね。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

世界のメーカー製アンテナ | コメント:0 | トラックバック:0 |

お手軽な三脚付 マスト

Yp3on15fttrypod.jpg

同様、日本には撮影投光用のポールが使えそうだが、アメリカには、このような三脚付きで4.8mほどの高さのあるプッシュアップマストは少ないW3FF Buddipoleの部品としても既に知られている。こちらは三脚を入れると6mを越す。53T6アルミ材。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

世界の アンテナ周辺機器 、部品情報  Antenna assemblies, parts, kits information | コメント:0 | トラックバック:0 |

YP-3 ディーラー情報

Yp3on15fttrypod.jpg
先の日本のディーラーであるエレクトロデザインからの一報では、リリースはこれからのようで、YP-2より丈夫なつくりになっている様子、とのこと。お手軽運用に使えるか、固定で二階のベランダで伸縮して使えるアンテナか、まだスペックが未定だと、他の情報でも流れていたようですが、もう少し待ちましょう。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

世界のメーカー製アンテナ | コメント:0 | トラックバック:0 |

Universal Radioが 海外(JAなど)通販中止

アメリカのユニバーサルラジオ(ショップ)が海外向け販売を中止したとメールで確認しました。毎回紳士的対応で、安価なものもあり、品揃い豊富な同社だが、サイトにもあるように、海外への出荷を停止されました。理由はともかく当面の間、出荷しない、との回答しか得られませんでした。
個人的には、お奨めの店で残念に思いますが、早い再開を願っております。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

アンテナディーラー、ショップAntenna Dealer Shop | コメント:0 | トラックバック:0 |

能勢町移動とATE+ATU

IMG_1334.jpg
本日いつもお世話になっているローカル局と、夜中の山岳移動にでかけました。知人所有の足踏み台、スリムなポールは良くできており、軽量。今回はATEとATUを支える方式としましたが、コンパクトで且つ十分な強度で支持してくれました。IMG_1337.jpg
こういう感じで周囲は漆黒、清澄な空気も冷たいですが期待が膨らみます。

テーマ:趣味と日記 - ジャンル:趣味・実用

移動運用とアンテナ(自然、宿、レンタルシャック) | コメント:0 | トラックバック:0 |

夜中の移動とお手軽アンテナ

IMG_1335.jpg
ATUはFC-40、リグは897知人の発電機もあり、消耗したバッテリーの代わりを十分に果たしてくれました。今回のスタイルは最後は風のためか、コントロールケーブル類が錯綜するカタチで変調不良に陥りました。(この辺、引き込みや、取り回し方には十分に配慮し点検しましょう。)IMG_1336.jpg
ATUを車体屋根と水平にし、そこから、22mm幅の平編錫めっき線を1m近く水平に伸ばし、愛用の7メガ用のアルミ皿を敷き、RFアースとしました。3.5MHz以下は通常これでは不調で、より大面積のアルミホイルを用いれば落ちるはずです。画像は次にありますが、ATUの上にATE350が6.5m漆黒に伸びきっています。

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用

移動運用とアンテナ(自然、宿、レンタルシャック) | コメント:0 | トラックバック:0 |

夜中の移動

IMG_1342.jpg
ATUのコールド側は、真っ直最短で車のボディに接触する必要があります。アルミ板や、銅板か、10cm幅のベルトで橋渡しをしている例もアメリカで見られます。どうしてもボディと給電部が開く場合のみと考えてください。細い銅線はコールド側としては長すぎるので放射が起きるなど、お奨めしません。ただ、こうした足踏み台を使う、木柱を使う方法で、周囲に配慮し、狭い面積で7MHz帯から50MHz帯まで使う場合は実用になる選択肢と考えています。IMG_1343.jpg
マグネットをおいて、線もできるだけボディから浮かさないことがコツです。

テーマ:アマチュア無線 アンテナ - ジャンル:趣味・実用

自分のアンテナ 日記  My Dialy | コメント:0 | トラックバック:0 |

夜中の移動とお手軽アンテナ

IMG_1340.jpg
こんな感じで、コンディションはローバンド、7MHzも見事にスキップ。22時を回っていましたが、短縮バーチカルにして妥当な1600-2000キロ前後の電離層を1ホップz(反射)で沖縄、宮古島市固定局とQSO。2ホップのNH0DXも楽に交信、その後YB,HLなど2ホップ圏内が安定して入っておりました。またERPの強い局など7エリア800km圏前後が聞こえていた程度すが、スキップが創錯綜する時間帯でもあり、黒点が上がれば変化に富むことでしょう。さて、実はこのシステムでの実験はこれがメインではなく、沿岸部、平地部、そして山頂の断崖部で、どう垂直部のローブが実体験上、どのように変化するかを確認する絶好の機会でもありました。結果は、沿岸は一番。そして今回の最大の収穫は、この山頂断崖部VS平地丘陵部(見通し良し)では全く飛び込む方向も異なることが確認できたこと点です。同じ時間帯。若干設定条件は異なりますが、差し引いても以上の確信がもてたことです。最後までお付き合いいただいたローカル局に感謝。

テーマ:アマチュア無線 アンテナ - ジャンル:趣味・実用

移動運用とアンテナ(自然、宿、レンタルシャック) | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |