FC2ブログ

Signal 599 ‐ Antenna Warehouse blog

アマチュア無線用アンテナ情報のページ です。※商用サイトでの本サイト内の情報利用は禁止します。事前にメールください。

ナガラから Vertical RV-4 発売

名古屋電化パーツのサイトによれば、先日のアパート用小型
マルチバンドVDP当に続いて、RV-4が発売されているのに気づきました。
7/14/21/28MHzバーチカルエレメントANTで、
定価 : 34,230円 同社の販売価格 : 27,380円(税込)
このアンテナは入念に設計された7/14/21/28MHz帯用バーチカルアンテナです。
Spec
Band 7/14/21/28MHz帯
Element Length6.38m
Wind load 0,19m2
Weight 11.1kg
Max 3Kw SSB
Mast for 38-60mm dia.
VSWR is depend on some radials
There is no radial just an element
お客様の知恵と工夫で各バンド最低一本のラジアルを用意。
アンテナの周波数調整はラジアルの長さ,角度を変えることで行う。
7MHzでは63%、フルサイズのラジアルを張ることで、さらに高効率の運用が期待できる。
低損失設計でSSB Mode 2KW運用が可能。
CWModeでは、通常の交信では1KW運用は可能ですが、
ContestのようなContinuos連続使用で1KWの運用は破損の原因になる。
*特徴は2KW SSBというトラップを採用していること。
ただし、バーチカルなので調整はラジアルなどでしっかり調整する。
短い割りに11,1kgというのはこのトラップの重さでしょう。
**そして取説には、ナガラ電子らしく、ラジアルでは取り付け条件で(調整時に)変化が激しいと説明していること。
❖ まず、ラジアルは接地されない形(サブマストがある)で取り付けるようになっていること
❖地面設置の場合は、エレメント自体には調節はきかないため(固定)のでそれらのパイプの穴あけ位置変更が必要で、薦めていないこと。
❖ マストに取り付ける場合は、地面設置の方法でなくラジアルで調整すること。
❖ (実際の架設では)ラジアルを各バンド毎に調整する前提で作業をすること。
❖ ラジアルは、(一旦展開してから)VSWRを記録し、7MHzから初めて28MHzで終わること。
❖ ラジアルの張り方や諸条件でラジアル相互の影響が生じ、1バンドを調整すれば他の
バンドも調整する必要がでるなど

●基本的で共通項目ではありますがナガラ電子らしく、幾つかラジアル架設のヒントが書き込んであり、参考になる具体案、問題点に言及している点Severeで良い印象を受けますね。




なおまだナガラ電子のサイトには掲載されていないのでPickUpしました。
ハムフェアでも各社からDIAMONDからVertical, COMETからDP、GPなど出ていましたね。


スポンサーサイト

テーマ:アマチュア無線 アンテナ - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

第一電波のKV5 バーチカル 発売

KV5CVR
KV5Dia
KV5Spec
**完全大地が条件の、つまり80-10m(FM含む)のバーチカルアンテナ。
500W用のトラップコイルのため、耐圧は150-500WMaxまでとなっている。
興味深いのは、エレメントの調整が、キャパシティハットでできるという点である。
エレメントの調整より遥かに楽になればよいかも知れない。軽量ですが
ただエレメントの物理長が5.8mですので、完全大地が得られない場合の
調整方法がどうなるか。
**筆者も入手しましたが、まず雑誌RPTに1stImpressionがどう載るか、そして、
私自身も、少し涼しくなってから(笑)実験してみたいと思っております。



テーマ:アマチュア無線 アンテナ - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

ナガラ から 6m用軽量八木、40m用八木が発売

SS46T
ナガラ からお手軽な5m用4エレ八木が発売。
また、大型の40m用4エレ(通称 ハエタタキハット付き)が発売。
それぞれのスペックはHP記載どおりで、★SS-46T (6m八木)
1) 小型軽量・・・ブーム長2.42m・重量4.27Kgのコンパクト、スリムな設計です。
2) 広帯域・・・50MHzバンド全域において、利得、ビームパターンともに広帯域。 SWR50~54MHzまで1:1.5以下に。
50~54MHzまで無調整で、使用可能。(ご希望の周波数にSWRを調整することは設計設定が違いますので出来ません。)
3) 耐高電力・・・送信機出力 500w(連続入力)に耐える高電力設計です。
周波数 50 MHz帯
形 式 4エレメントYagi
利 得8.15dBi
最大エレメント長 2.98m
ブーム長 2.42m
風圧面積 0.24㎡
回転半径 1.95m
重 量   4.27kg
最大入力 500w 連続
最大適合マスト径 61mm
価格(税込) 24,990円
**Ra,Dir1が狭いこと、ブームも短くゲインが6dB程度、広帯域で半値角40度程度であることから、
恐らくW1JR型の以前紹介した4エレ版といえるのではないでしょうか。
持ち運びには便利ですね。
NA440

NA-440 
1)広帯域・・・・短縮型4エレメント八木アンテナです。デュアルラジエターの採用と高効率トラップの採用で、SWR1:1.5以下200Khzの広帯域を実現していますが,ゲインは3エレメント程度です。
2)高耐電力・・・移相エレメントを利用した、低損失のローディング方式を採用し、高効率化と高耐電力化を図っています。高耐電力型バラン:BL-8K標準装備。
周波数 7 MHz帯
形 式  4エレメントYagi
最大エレメント長 13.38m
ブーム長 10.80m
風圧面積2.15㎡
回転半径8.97m
重 量46.4kg
最大入力3Kw 連続
最大適合マスト径 61mm
価格(税込) 311,850円
**7.0-7.2MHzまでの広帯域化済み。
ゲインは書いていないようですが、3エレ並みとのこと。7メガの4エレともなると大きいですね。

テーマ:アマチュア無線 アンテナ - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

NAGARA V型HighBand用VDP DO-3B 発売

ネット検索で偶然、ナガラの新製品発売を知りました。名古屋の電化パーツのサイトで、ナガラのDO-3BDO3B2

#最近、アンテナメーカーサイトにはなく、リテイラーに情報が先行して伝わることが増加している。
トランシーバーならまず情報統制しているはずで、新たな動きがでてきた。

ナガラ電子にしては小型なVDipoleで移動、屋根上でも立てられる200wのTバー容量環タイプである。ナガラは最近、5mアンテナでも恐らくW1JRタイプで先端9,8mmのブーム(低ゲイン)は犠牲にして、軽量な6mの5-7エレをNEWとしている。重さはRadixよりあり、Gainは7エレでも
8kg近くあって10dBi台(誤植かもしれない)と低いが、移動やPED用かと思われ、また、Radixの
対抗馬とも取れる製品をこれはナガラのサイトで公開されている。屋根馬で制限ある場合や移動向きともいえるだろうか。
定価 : 31,290円 
トライバンダーのV型DPで、スペックは次の通り。
14/21/28MHz帯用短縮型ダイポールアンテナです。
水平、120°、90°と場所に合わせてエレメントの角度が変えられます。
仕様
周波数14/21/28MHz帯短縮型ダイポール
最大エレメント長4.10m
回転半径2.11m 風圧面積0.10㎡
最大空中線入力200w CW(送信機モード)
重量2.6Kg
適合マスト径38~60mm
特性インピーダンス50Ω
アンテナ概要は、
水平ダイポールとVダイポール
★自由空間にある半波長ダイポールのインピーダンスは約72 Ohmになります。
しかし、私たちが現実にアンテナを設置する場合は地上高とか周囲の影響でインピーダンスが変化をします。
半波長ダイポールを仮に、完全導体の大地に置くと、アンテナのインピーダンスは0Ohmになり、
地上高0.2波長(14MHzでは4.3m)付近では50Ohmとなり、
地上高0.35波長(14MHzでは7.5m)付近で96Ohmになります。
この様に、アンテナ本体のインピーダンスは周囲の影響による変化の大きいのがダイポールアンテナの特徴です。
しかし、水平ダイポールをVダイポールにすると
アンテナのインピーダンスは低くなり、帯域は狭くなり、アンテナの効率も低下します。
しかし、建物の影響や地上高の影響を軽減する事ができます。

建物の壁面や、ベランダの手すり等が、地上面だと考えて下さい。
できる限りエレメントをベランダの外に突き出して使用して下さい。
アンテナ単体でSWR1.5以下に調整できれば良いのですが、前述の様に周囲の影響で非常に難しいことがあります。又、アンテナ自体の帯域も狭いので、アンテナチューナーの助けを借りて運用されることをお奨めします。 との解説がなされている。

テーマ:アマチュア無線 アンテナ - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |

COMET の6m Yagi 新製品

CA52HB3
COMETといえば比較的最近では、BB(Broad Band)アンテナで話題になった。
さて、偶然名古屋電化パーツのサイトでNEW ONEを発見。Yagiアンテナに絞れば6m用で、近日発売で予約受付とのこと。サイトによれば
蝶ネジが採用され移動運用に適している様子。
*見た目で憶測の域を出ませんが、デザインは、かなり導波器が前方にある設計のようで、重量も4エレに近い。メーカーの実測データでは4eleより2dBiほど低いが、放射パターン、角度など発表になれば特徴が見えてくるでしょうか。
製品名 CA52HB3
・周波数:50MHz
・耐入力:400W PEP
・ブーム長:約2.2m
・最大エレメント長:2.9m
・重量:約2.0kg
印象としては、HB9CVの2ele,4eleと比較しても
ブーム長は同社の4eleHB9CVとより少し短く、重さも100g軽い。
*見た目で憶測の域を出ませんが、デザインは、かなり導波器が前方にある設計のようで、
最適化されているようにも見えます。
メーカーの実測データでは4eleより2dBiほど低く2ele 4eleの中間値ですが、放射パターン、角度など発表になれば特徴が見えてくるでしょう。

テーマ:アマチュア無線 アンテナ - ジャンル:趣味・実用

日本のメーカー製アンテナ an antenna of manufacturers | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT