FC2ブログ

Signal 599 ‐ Antenna Warehouse blog

アマチュア無線用アンテナ情報のページ です。※商用サイトでの本サイト内の情報利用は禁止します。事前にメールください。

自作軽量安価な竿ベース(A Cheapest Fishing Rod Base)

FisingRodBase1


材料はDIYショップで全て済み、フジインダストリの踏み台などをもっていけない場合で40mmΦくらいIの7m竿を挿し、ペグ、ボルトで磯から土壌まで固定できる。この180円のベースに塩ビ管が40cm(クーラーボックスなどに入るように、また車用に加工もこのベースでできる)
IOTAの師匠、JA4PXE桑原さんの発案で、無人島運用者に広まっている方法の一つ。


FishingRodBaseFailed


なぜ失敗したか。答えは塩ビ管にある。塩ビ管でVF管は良く売っている。ところがこの足場には径Φが大きく、ここにガスコンロで熱するだけで足場に広がって固定されるが、これでは絶対できないのである。


FishingRodSucceed1


これが成功例。この塩ビ管は、VP管。よくみるとVF管と同じ50mmΦものだが、より肉厚が太く
これを炙ると一発完成だった。(汗)
*これは岩ならピトンやボルト、ペグ、画像は川岸なので、30cm長のPegで十分自立でき
7m弱の40mmΦまでの竿が入り、非常に役立つ。クーラーボックス(大)にも入る長さで切る。
FishingRodBaseSucceeded2


上から見たところ。結構自立できて、軽くて便利であった。


スポンサーサイト

テーマ:アマチュア無線 アンテナ - ジャンル:趣味・実用

自作アンテナ小物類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |